台湾旅行にあると便利な持ち物チェックリスト

台湾旅行の持ち物一覧

台湾旅行の持ち物は、主に忘れてはならない必須の持ち物、飛行機内で役立つ持ち物、紫外線対策に便利な持ち物、行動範囲が広がるガイド的な役割を果たす持ち物、日常を過ごすのに便利な持ち物、写真などの記録やインスタグラムやLINEなど、日本との連絡手段にも役立つ持ち物、夜市に出かける際にあると便利な持ち物の大きく7種類に分かれてきます。それぞれの場面において、必要となってくる持ち物や、あると重宝する便利な持ち物内容について、詳しくまとめていきたいと思います。

台湾旅行の持ち物リスト

以下は台湾旅行の際の持ち物リストになります。人によっては不要なモノも含まれてくるかと思いますが、台湾旅行へ行く前や、現地での持ち物の確認用のチェックリストとしてご活用ください。

それぞれの持ち物の詳細について、以下のページで詳しく解説していきます。

忘れてはならない必須の持ち物

台湾旅行で必須となってくる持ち物は、パスポートと航空券のチケットです。この2つが揃わなければ台湾旅行へ行くことができません。航空券については、空港に忘れた場合でも、再発行ができる場合がありますが、パスポートについては、日本で忘れた場合は飛行機に搭乗ができないのと、台湾現地で紛失してしまった場合は、再発行の手続きが完了するまで日本に帰ってくることができなくなってしまいます。パスポートと航空券の他にも、台湾旅行で必須となってくる持ち物には、財布、現金、クレジットカード、リュックサック、スーツケース、海外旅行保険などがあります。それぞれの持ち物について、以下のページで詳しく解説していきたいと思います。

関連記事:忘れてはならない必須の持ち物について

飛行機内にあると便利な持ち物

台湾への飛行機に乗っているフライト時間は、日本からだと3時間から4時間ぐらいかかります。それほど長い距離ではありませんが、様々な場所へ海外旅行へ行っている経験をもとに、このグッズは台湾旅行の飛行機内にあると便利という持ち物をご紹介いたします。飛行機内はとても乾燥します。乾燥対策として役立つのがリップクリームとマスクです。また少しでも飛行機内で安眠をしたいという場合に役立つのがアイマスクとサイレンシアフライト(耳栓)とネッククッションです。飛行機内でストレスから開放してリフレッシュしたいと思う時に役立つのが歯ブラシとスリッパです。エコノミー症候群にならないようにするためのグッズとして、フットレストやマッサージボールといった持ち物も有効です。飛行機内への手荷物の持込には規制もありますので、規制内容とあわせて、飛行機内で快適に過ごすアイテムを以下のページで詳しくご紹介いたします。

関連記事:飛行機内にあると便利な持ち物について

紫外線対策に便利な持ち物

台湾は日本と比較すると、春、夏、秋、冬と一年間を通じて2倍から4倍。夏場の時期は、それ以上に紫外線の量が多くなる国です。台湾を訪れる際には、しっかりとした紫外線対策をするのがおすすめです。紫外線対策で役に立つのは、サングラス、帽子、日焼け止めの3種類です。それぞれのアイテムについて、以下のページで詳しく解説しています。

関連記事:紫外線対策に便利な持ち物について

行動範囲が広がる台湾ガイドな持ち物

慣れない台湾で役に立つのが地図アプリや観光ガイドブック、観光ガイドアプリなどです。地図アプリがあれば、レンタカーのカーナビ代わりや、海外で故障しやすいカーナビのバックアップとしても活躍してくれます。海外に訪れた際には、公共の交通機関を利用するよりも、レンタカーを借りた方が行動範囲が広がり、時間の節約にもつながります。運転が荒いとされる台湾や他の外国でもそうですが、車の運転をする際には、周囲のペースにあわせるのではなく、あくまで安全運転を貫き通すことがとても大切になってきます。台湾旅行での行動範囲を広げ、迷う事無く快適に旅行を楽しむための持ち物を以下のページで、詳しくご紹介させていただきます。

関連記事:行動範囲が広がる台湾ガイドな持ち物について

日常を過ごすのにあると便利な持ち物

台湾旅行での日常を過ごすのにあると便利な持ち物は、コンタクトレンズ、常備薬、化粧品、石鹸類、爪切り、ヘアブラシ、ウェットティッシュ、着替え、筆記用具、タバコなどの持ち物です。コンタクトレンズや常備薬、タバコについては、飛行機の中や、台湾国内に持ち込む際にも、持込制限の規制があるのと、シャンプーやリンス、トリートメントといった石鹸関係を持ち込む際には、飛行機への搭乗時に規制があったりもします。台湾での日常生活を過ごすのにあると便利な持ち物になりますが、持込のルールがあるアイテムもあるので、台湾へ持ち込む際には注意が必要です。それぞれの持ち物についての詳細は、以下のページで詳しく解説しています。

関連記事:日常を過ごすのにあると便利な持ち物について

写真撮影や連絡手段に必要な持ち物

台湾旅行中に旅行の記録を撮影したり、日本にいる友人に連絡を取ったりするのに必要な持ち物は、スマートフォン、充電器、バックアップ充電器(モバイルバッテリー)、WiFi環境、ノートパソコン、ハードディスク、デジカメ、メモリーカードなどです。スマートフォンは、台湾を訪れるほとんどの方持って行く必須の持ち物になるかと思いますが、充電器を忘れることがあるので注意が必要です。また台湾を旅行中にスマホの充電が無くなってしまわないように、モバイルバッテリーがあると安心です。また、綺麗な写真を沢山撮影したい場合は、スマートフォンでは無く、一眼レフのカメラを台湾に持っていく人もなかにはいると思います。大量に写真を撮影していると、あっという間にメモリーカードがいっぱいになってしまうので、予備のメモリーカードや、パソコン、外付けハードディスクなど、荷物にならない程度に持っていくのがおすすめです。

関連記事:記録や連絡手段に必要な持ち物について

夜市観光に必要な持ち物

台湾の夜市を散策や食べ歩きをする際にあると便利な持ち物のご紹介です。夜市観光には、リュックサック、財布、現金、スマートフォン、地図アプリ、WiFi環境、ウェットティッシュ、ゴミ袋、筆記用具、ジップロック、雨具といった持ち物があると便利です。それぞれの持ち物があると便利な理由を以下にまとめてみたいと思います。

関連記事:夜市観光にあると便利な持ち物について



日本語が通じる台北観光におすすめのホテル

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

日本語が通じて、宿泊者の99%が日本人という大名ビジネスホテル(大名商務会館)の19階にあるスイートルームに宿泊しました。実際に宿泊して確認してきたスイートルームや、アメニティ、シャワーの勢いなどについてレポートしています。

関連記事:大名ビジネスホテルのスイートルームを確認する

台湾観光で人気のオプショナルツアー

台湾観光をガイド付きで効率よく巡りたい場合は、オプショナルツアーに事前申込するのがおすすめです。台湾観光で特に人気が高いオプショナルツアーをご紹介いたします。