台湾の入国カード記入にも役立つ筆記用具

台湾の入国カード記入にも役立つ筆記用具

台湾への観光旅行で、筆記用具が一番初めに必要となってくる場面は、搭乗中の飛行機内で入国カードを記入するタイミングです。入国カードは、台湾に限らず、海外旅行をした際に、渡航先の国入る前には必ず記入が必要となってくるものとなります。入国カードを手入力する場合は、ボールペンでの記入が必須となってきます。飛行機内で入国カードを入力しない場合は、台湾の空港に到着した後に、イミグレーション(出入国審査カウンター)やパスポートコントロール(入国審査ブース)の手前にある記帳台で入国カードの記入を行う必要があります。台湾の空港での入国カード記載は、記帳台が込んでいて、ボールペンの数に限りがあるためなかなか記入できずに、入国が遅れてしまったり、ボールペンがあったとしても中のインクが無くて入国カードが記載できないといった場面に遭遇したことがあります。入国カードの記入に限らず、筆記用具はあると必要な場面で重宝するので、ボールペン一本ぐらいは、荷物の中に入れておいた方が安心です。

ボールペンは、価格が安いものであれば、一本20円台ぐらいからありますので、手元にない場合は事前に日本で購入しておくのがおすすめです。

台湾に入国する際の入国カードの記載方法について

台湾に限らず、海外へ旅行へ行く際には、入国カードを搭乗中の飛行機の中で、到着前に渡され、飛行機の中、もしくは、台湾の空港のイミグレーション(出入国審査カウンター)やパスポートコントロール(入国審査ブース)の手前にある入国カードが置いてある記入台で記載してから、入国審査へと手続きを進める必要があります。台湾へ訪問する際に、仕事などで忙しくてなかなか入国審査情報をオンラインで事前登録がなかなかできないという場合は、以下に手書きでの入国カード手続き方法を、詳しくまとめていますのでご確認ください。

関連記事:台湾の入国カードの手続きと記入方法について

入国カードをインターネットでオンラインで行いたい場合

入国カードを飛行機内や空港で書くのが面倒な場合や、飛行機内は就寝に徹したいなどといった場合、筆記用具は台湾に持って行きたくないなど、入国カードを台湾への渡航の当日に記載したく無い場合については、事前にオンラインで入国審査用の情報からウェブページより事前登録を行うことができます。ウェブ上から申請が済んでいるいる人は、手書きの入国カードを提出する必要は無く、入国審査時にウェブ申請済みということを伝えれば、入国審査を受けることができます。入国審査をウェブ上からインターネット経由で実施するための方法は、以下の通りとなります。

関連記事:台湾の入国審査をインターネットでオンラインで行う方法について

台湾には、日本と同じ銘柄のタバコが販売されていても味が異なったり、銘柄によっては販売されていない場合もあります。喫煙される方は、タバコを日本から持っていくのがおすすめです。タバコの詳細については、以下のページで解説しています。

関連記事:喫煙者は日本から台湾に持参したいタバコやライター

台湾旅行での日常を過ごすのに必要な持ち物

台湾旅行での毎日の日々を過ごすのに必要な持ち物の一覧になります。

コンタクトレンズ

詳細を確認する

ヘアブラシ

詳細を確認する

ウェットティッシュ

詳細を確認する

ジップロック

詳細を確認する

筆記用具

詳細を確認する

台湾旅行に必要な持ち物一覧

必須の持ち物

詳細を確認する

飛行機内の持ち物

詳細を確認する

紫外線対策の持ち物

詳細を確認する

台湾ガイドな持ち物

詳細を確認する

あると便利な持ち物

詳細を確認する

撮影、連絡用持ち物

詳細を確認する

夜市観光用の持ち物

詳細を確認する

日本語が通じる台北観光におすすめのホテル

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

日本語が通じて、宿泊者の99%が日本人という大名ビジネスホテル(大名商務会館)の19階にあるスイートルームに宿泊しました。実際に宿泊して確認してきたスイートルームや、アメニティ、シャワーの勢いなどについてレポートしています。

関連記事:大名ビジネスホテルのスイートルームを確認する

台湾観光で人気のオプショナルツアー

台湾観光をガイド付きで効率よく巡りたい場合は、オプショナルツアーに事前申込するのがおすすめです。台湾観光で特に人気が高いオプショナルツアーをご紹介いたします。