台湾での紫外線対策に便利な持ち物リスト

紫外線対策に便利な持ち物

台湾は日本と比較すると、春、夏、秋、冬と一年間を通じて2倍から4倍。夏場の時期は、それ以上に紫外線の量が多くなる国です。台湾を訪れる際には、しっかりとした紫外線対策をするのがおすすめです。紫外線対策で役に立つのは、サングラス、帽子、日焼け止めの3種類です。それぞれのアイテムについて、以下で詳しく解説しています。

紫外線防止対策用の持ち物リスト

以下の持ち物一覧は、台湾の強い紫外線から身を守るための持ち物リストになります。台湾は日本と比較すると、2倍から4倍。旅行で訪れるタイミングによっては、更にそれ以上に紫外線が強くなる日があります。台湾の強い紫外線から身を守るための持ち物のチェックリストとしてご活用ください。

サングラス

強い紫外線は、長時間当たることによって、目の角膜に炎症を起こし充血してしまうといったことがあげられます。日本でサングラスをしていると、「カッコつけて」っと思う方が多いと思うのですが、サングラスにはファッション的な意味合いの他に、紫外線から目を守るといった大切な役割があります。一言でサングラスといっても、サングラスには大きく分けて、「色付きレンズ」、「偏光レンズ」、「調光レンズ」と3種類に分類されてきます。それぞれのレンズの特徴は以下の通りとなります。

関連記事:サングラスについて

帽子

帽子には、大きく分けて、ハット、キャップ、ニット、ハンチング、ベレーとあります。夏場の台湾ではさすがにニット帽をみかけることはありませんが、それ以外については、自分のお好みのスタイルで選定するのがおすすめです。それぞれの帽子の違いについては、以下のような特徴があります。帽子はかぶれば紫外線対策として役立つのと同時に、ファッションとしての機能も果たします。かぶる帽子によって、相手に与える印象なども変わってくるので、台湾での利用シーン別に、おすすめの帽子をご紹介いたします。

関連記事:帽子について

日焼け止め

台湾の紫外線量は、台湾北部の紫外線量は1月がもっとも少ない。3月から4月、6月にかけて紫外線量が上昇していく。5月の晴れた日には紫外線量が危険値を超える日が出てくる。6月、7月、8月の紫外線量が一年を通じて最も高い。特に8月は紫外線レベルが12、13レベルに達する日がありとても危険。9月から紫外線量が落ち着きはじめる。11月、12月になると紫外線量が落ち着いてくる。といった特徴があります。日焼け止めは台湾旅行における紫外線対策の必需品です。日焼け止めにもクリーム、乳液、ローション、ジェル、スプレータイプ、パウダータイプ、シートタイプ、スティックタイプなど様々な種類がありますが、どの日焼け止めが台湾に適しているのかについて、以下のページで詳しくまとめています。

関連記事:日焼け止めについて



台湾旅行に必要な持ち物一覧

必須の持ち物

詳細を確認する

飛行機内の持ち物

詳細を確認する

紫外線対策の持ち物

詳細を確認する

台湾ガイドな持ち物

詳細を確認する

あると便利な持ち物

詳細を確認する

撮影、連絡用持ち物

詳細を確認する

夜市観光用の持ち物

詳細を確認する

日本語が通じる台北観光におすすめのホテル

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

日本語が通じて、宿泊者の99%が日本人という大名ビジネスホテル(大名商務会館)の19階にあるスイートルームに宿泊しました。実際に宿泊して確認してきたスイートルームや、アメニティ、シャワーの勢いなどについてレポートしています。

関連記事:大名ビジネスホテルのスイートルームを確認する

台湾観光で人気のオプショナルツアー

台湾観光をガイド付きで効率よく巡りたい場合は、オプショナルツアーに事前申込するのがおすすめです。台湾観光で特に人気が高いオプショナルツアーをご紹介いたします。