師大夜市の雰囲気と特徴

師大夜市の雰囲気と特徴

師大夜市の雰囲気と特徴

師大夜市は、国立台湾師範大学のすぐ目の前にある夜市です。最寄に台湾大学もあり、公館夜市同様に、若者が多い夜市です。夜市の雰囲気的には、公館夜市よりも店舗の数やお洒落な感じは、師大夜市の方が上回っている印象をうけます。イメージ的には、東京の原宿のようなファッションストリート的な若者が多く集まる夜市です。観光客の数は少なく、国立台湾師範大学や台湾大学に通う学生が多く集う夜市になります。台湾料理を楽しむだけでなく、現地の若者のライフスタイルを目の当たりにするのにも、おすすめの夜市です。



師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気はお洒落な雑貨や衣類関係の店舗が並ぶファッションストリートのような夜市です。立ち並ぶ洋服関係のお店は、東京でも見かけそうな現代風のファッションのお店が数多くあります。道幅は比較的広いので、週末の混雑している時であっても歩きやすい通りが多いです。場所によっては道が細くなり、バイクも頻繁に通過する時があるので、注意して歩く必要があります。

師大夜市の雰囲気

師大夜市の雰囲気

台湾の夜の街は、どこを歩いていても感じるのですが、街の明かりの色味に少し温かみがあり、なんとなくどこかキョンシーが搭乗する幽幻道士の映画の雰囲気に近いような感覚になってしまいます。幽幻道士と言っても若い方にはなかなか伝わらないかもしれないですが。ちなみに1986年に幽幻道士の第一作目が放映されていますが、幽幻道士は元々台湾の映画になります。台湾の街を歩いていると、至るところに派手なお寺がありますが、見た目はまさにキョンシーが登場してきそうな雰囲気があります。

ファッション、衣類のお店

台湾の夜市でみかける洋服関係のお店は、なぜか女性ものばかり見かけます。男性ものの洋服店はほとんどみかけません。台湾の男性は、ユニクロで十分なのかもしれません。私もユニクロで十分ですけれど。

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市のファッションストリート

師大夜市にあるアパレルのお店は、どこもお洒落なお店が多くあり、若い女性が沢山います。台湾の夜市にある服屋で気になるのが、もしかしたら奥に入ったらあるのかもしれませんが、試着室が無い?お店が多い気がします。師大夜市であれば、試着室があるお店も存在すると思うのですが、観光客も多い饒河街観光夜市の中を歩いていると見かける袋に入った男性もののYシャツを販売している夜市は、絶対に試着は不可能だと思うのですが、普通にYシャツが路面店で売られていたりします。

女性用の靴を販売しているお店

女性用の靴を販売しているお店

服のお店とあわせて、女性用の靴を販売しているお店もよくみかけます。夜市の雰囲気的には、観光客が訪れるというよりも、大学に通う学生が通うファッションストリートです。

雑貨、スマートフォンケースの販売店

雑貨、スマートフォンケースの販売店

雑貨、スマートフォンケースの販売店

雑貨、スマートフォンケースの販売店

雑貨、スマートフォンケースの販売店

服や靴のお店と同様によく見かけるのが雑貨のお店です。台湾の夜市や台北駅の地下街もそうなのですが、スマートフォンのケースを販売するお店をとても沢山みかけます。沢山みかけるということは、それだけスマートフォンのケースが売れているということだと思うのですが、これだけ沢山のスマートフォンケースを販売しているお店を見ていると、一台のスマートフォンに複数のケースを持っている人もかなり多いんじゃないかと思います。

ゲーム

ゲーム

ゲーム

台北の夜市でよくみかけるUFOキャッチャーのお店も師大夜市にあります。爪爪というお店の名前が、UFOキャッチャーのアームを意識した名前だと思うのですが、とてもシンプルで可愛らしい感じです。UFOキャッチャーの看板に24時間営業の文字が記載されていますが、師大夜市は、雙城街夜市と並んで、台北で24時間営業の夜市になります。24時間営業の夜市って、実際深夜の訪れるとどうなの?という点が気になる方もいると思うので、雙城街夜市に深夜の3時から4時にかけて足を運んで、調査してみた内容を以下のページにまとめています。興味ある方は、ご覧ください。

関連記事:24時間営業の夜市ってどうなの?深夜に訪れてみた

飲食店

台湾料理の屋台

台湾料理のお店

台湾料理のお店

師大夜市でファッション関係のお店とあわせて、よく見かけるのが、地元の台湾料理のお店です。若者が多い夜市のせいか、台湾の料理店も、他の夜市と比較するとファッショナブルな場所が多い印象を受けます。

生煎包の屋台

生煎包の屋台

生煎包の屋台

生煎包の屋台

こちらは、生煎包のお店です。生煎包は小籠包のような点心料理です。複数人の店員さんがとても一生懸命生煎包を手作りしていました。看板に日本語の文字も見えます。

好きな食材を選んで調理してもらう屋台

好きな食材を選んで調理してもらう屋台

好きな食材を選んで調理してもらう屋台

好きな食材を選んで調理してもらう屋台

好きな食材を選んで調理してもらう屋台

好きな食材を選んで調理してもらう屋台

好きな食材を選んで調理してもらう屋台

好きな食材を選んで調理してもらう屋台

こちらは好きな食材を選んで調理してもらう台湾の夜市でよく見かける屋台です。お店にいるお客さんを見ると、明らかに他の夜市と若いのが分かります。

台湾料理の小吃の屋台

台湾料理の小吃の屋台

台湾料理の小吃の屋台です。お店の薄暗い感じが、師大夜市っぽくない感じで雰囲気がよいなっと思ったのですが、中で働く方は、師大夜市っぽくとても若いです。

蚵仔煎(カキオムレツ)を提供する屋台

蚵仔煎(カキオムレツ)を提供する屋台

蚵仔煎(カキオムレツ)を提供する屋台です。この雰囲気は、他の夜市と似ています。

屋台の軒先でに並ぶ蚵仔煎の材料

屋台の軒先でに並ぶ蚵仔煎の材料

屋台の軒先で蚵仔煎(カキオムレツ)を調理するお店もあります。

あんかけと一緒に食べる乾麺

あんかけと一緒に食べる乾麺

あんかけと一緒に食べる乾麺だと思いますが、一つ一つがとても大きかったです。

小吃の屋台

小吃の屋台

小吃の屋台

小吃の屋台

小吃の屋台は、いくつもあります。

日本の立ち飲み居酒屋風のお店

日本の立ち飲み居酒屋風のお店

こちらのお店は、なんだか日本の立ち飲み居酒屋風の雰囲気でした。

日本料理店

師大夜市は、台湾料理のお店とあわせて、日本料理っぽい感じのお店もよくみかけます。日本にあこがれる若者を意識している?といったことがあるのでしょうか。

日本料理と記載されたお店

日本料理と記載されたお店

こちらは、思いっきり「日本料理」と記載されています。なんとなく看板が寿司屋風なイメージです。

日本料理のメニュー

日本料理のメニュー

実際にメニューを覗いてみると、「丼」の部分のみが日本風な感じです。他にも日本とは看板に記載されていないのですが、日本風の料理を提供するお店があるなっと感じたので、いくつかご紹介します。

ざるうどん?

ざるうどん?

ざるうどん?っと感じるようなメニューがあるお店です。

蕎麦屋?

蕎麦屋?

こちらは食材は台湾風なのですが、なんだかイメージが日本の駅にある立ち食い蕎麦屋のようなイメージでした。

日本風の「丼」を提供するお店

日本風の「丼」を提供するお店

こちらも日本風の「丼」を提供するお店です。メニューの中に親子丼がありました。他の夜市でも、たまにカツ丼をみかけることがあるのですが、台湾のカツ丼は、肉が猪の肉の場合が多いです。

ジュース

こちらはフレッシュなジュースを販売している屋台です。

ジュースを販売している屋台

ジュースを販売している屋台

台湾の夜市でたまに見かけるのですが、絶対に店員じゃなくてお客だよねっという人が店内に入っていることがあります。

一般のお客風の人がジュースを作っている

一般のお客風の人がジュースを作っている

こちらはジュースを作る人なのですが、普通に料理を提供する屋台の中にも一般のお客が入っていることがあります。常連さん?になると、料理やジュースの味加減は、店員にまかせることなく、自らできてしまう?のかもしれません。

ミックスジュースを注文

ミックスジュースを注文

少し喉が渇いたので、ミックスジュースを注文してみました。

台湾フルーツ

台湾フルーツの屋台

台湾フルーツの屋台

商品棚に積まれたレモン

商品棚に積まれたレモン

フレッシュな台湾フルーツのお店もあります。こちらの屋台にも、他の夜市ではなかなか見かけることが無い、若いお客さんが品定めをしていました。

師大夜市は、臺大公館夜市と同じく沢山の若者がいる夜市です。公館夜市の詳細については、以下のページで詳しく解説しています。

関連記事:臺大公館夜市の雰囲気や特徴について

師大夜市のご紹介は以上となります。次は、台北で3大夜市でもある臨江街夜市をご紹介いたします。臨江街夜市の詳細については、以下のページで詳しく解説しています。

関連記事:臨江街夜市の雰囲気や特徴について

師大夜市の主な特徴

師大夜市は、女性向けのアパレル店が多い夜市です。飲食店は、クレープやカキ氷など甘いものが好きな女性向けの店舗が多くあります。全体的に女性向けの夜市になるので、男性だけでの訪問や、ご年配の方は少し物足りなさを感じるかもしれません。観光客の数はそれほど多くなく、台湾に住む若い女性が好んで足を運ぶ場所です。夜市というよりも、ファッションストリートというような雰囲気になります。

  • 女性向けの夜市。
  • 衣類などのアパレルや甘い食べ物のお店が多い。
  • コンパクトな夜市なので女性でも巡りやすい。
  • 夜市というよりはファッション街。
  • 観光客の数は少ない。

師大夜市の関連情報

師大夜市の関連情報を以下よりご確認いただけます。



台湾夜市と市場の特徴を確認する

台湾にある夜市と市場の特徴をまとめています。夜市は、主に18時から0時。市場は9時から20時ぐらいが営業時間の目安です。中には、雙城街夜市師大夜市のように、24時間営業の夜市もあります。また、朝ごはんを食べることができる早朝から営業している永楽市場のような夜市もあります。各夜市や、市場の営業時間や雰囲気、特徴の比較などもご紹介しています。

台北にある夜市の雰囲気・特徴

台北にある夜市の一覧です。実際に各夜市をめぐってその場の雰囲気や特徴が伝わる場面を撮影しながら、まとめています。

台北にある市場の雰囲気・特徴

台北にある市場の一覧です。実際に各市場をめぐってその場の雰囲気や特徴が伝わる場面を撮影しながら、まとめています。

日本語が通じる台北観光におすすめのホテル

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

日本語が通じて、宿泊者の99%が日本人という大名ビジネスホテル(大名商務会館)の19階にあるスイートルームに宿泊しました。実際に宿泊して確認してきたスイートルームや、アメニティ、シャワーの勢いなどについてレポートしています。

関連記事:大名ビジネスホテルのスイートルームを確認する

台湾観光で人気のオプショナルツアー

台湾観光をガイド付きで効率よく巡りたい場合は、オプショナルツアーに事前申込するのがおすすめです。台湾観光で特に人気が高いオプショナルツアーをご紹介いたします。