景美夜市の雰囲気と特徴

景美夜市の入口

景美夜市の入口

台北から南の方角の外れにある景美夜市。士林夜市や、饒河街観光夜市など、夜市を歩いていると日本語が聞こえてくるような観光地としての夜市では無く、台湾に住む地元の人たちが日常生活を繰り広げる夜市に行ってみたいと思ったら、景美夜市がおすすめです。景美夜市は、台北からかなり離れた景美駅から徒歩4分ほどの場所にある夜市です。台北からは離れ、台湾のローカル感が満喫できる場所です。夜市には、台湾にある一般的な夜市と同じように、飲食、衣類、ゲームを中心とした屋台が軒を連ねています。



景美夜市の雰囲気

景美夜市の雰囲気

景美夜市の雰囲気

景美夜市は、観光客を見かけることが無いノスタルジックでレトロな雰囲気の夜市です。

景美夜市のど真ん中を通過するバイク

景美夜市のど真ん中を通過するバイク

他の夜市と同様に、こんなところバイクが通過するの?!っと思うような場所でもバイクがものすごい勢いで、景美夜市のど真ん中を通過していきますので、ひかれないように注意して歩く必要があります。この日も、目の前をバイクに乗ったおばちゃんがものすごい勢いで通過していきました。

景美夜市の雰囲気

景美夜市の雰囲気

景美夜市の雰囲気を訪れた飲食店、ゲーム、衣類などを販売している店舗などに分類しながらご紹介していきたいと思います。

飲食店

台湾の代表的な小吃である臭豆腐、蚵仔煎、甜不辣を販売している屋台

台湾の代表的な小吃である臭豆腐、蚵仔煎、甜不辣を販売している屋台

景美夜市で食事ができる屋台は、一般的な台湾料理をはじめ、肉類、魚介類、野菜、果物と幅広いラインナップがあります。こちらは台湾の代表的な小吃である臭豆腐、蚵仔煎、甜不辣を販売している屋台です。夜市の開けたいらっしゃいという雰囲気というよりは、日本の街の商店街にある中華料理店のように、知る人ぞ入る屋台といった雰囲気の場所になります。

台湾の代表的な小吃である臭豆腐、蚵仔煎、甜不辣を販売している店舗型の屋台

台湾の代表的な小吃である臭豆腐、蚵仔煎、甜不辣を販売している店舗型の屋台

こちらも地元の夜市ならではの、台湾の代表的な小吃を販売しているお店です。よく夜市は、店舗型と屋台型があって、店舗型の方が衛生的という人がいるのですが、景美夜市まで来ると、店舗型も屋台型もほどんど変わりは無いと思います。とっても雰囲気がよいお店で、店舗の前で子供が注文したお料理が出てくるのを待っていました。きっとこの子が大きくなって外の世界をいろいろ見るようになった時に、昔景美夜市で食べた屋台の味や雰囲気が懐かしい思い出になるんだろうなっという雰囲気のレトロなお店です。台湾の夜市は、調理する火種が電気の場所とガスの場所に大きく分かれてくるのですが、この屋台は店舗型のせいか、ガスボンベがあり、ガスの火力で調理されていました。個人的には、電気の熱で調理されたお料理よりも、ガスの火力で調理されたお料理の方が、食材の味が一気に閉じ込められるせいか、美味しいところが多い気がいたします。

台湾の代表的な小吃を販売しているお店(景美曾家)

台湾の代表的な小吃を販売しているお店(景美曾家)

こちらも、台湾の代表的な小吃を販売しているお店(景美曾家)です。美味しい屋台は、行列ができているという特徴があるのと、もう一つ、広いイートインスペースがあるという点も特徴の一つになると思います。こちらの店舗は、小吃以外にも、店舗の軒先でトマトやみかんなども販売されていました。大勢の人たちが楽しそうに食事を楽しんでいました。店内に日本人は一人もいません。

甜不辣の専門店

甜不辣の専門店

甜不辣の専門店

甜不辣の専門店

こちらは、甜不辣の専門店。甜不辣とは、台湾式のおでん料理で、自分の好みの食材をいろいろとトッピングして調理してもらうことができます。具材の価格は10元(約40円)から55元(約220円)で、とても安い金額で様々な食材を楽しむことができることから、地元の人で賑わっている屋台です。台湾の夜市で屋台を選ぶ際には、地元の人で賑わっている屋台を選ぶと、美味しいお料理を楽しむことができる可能性が高いです。ただし、台湾料理の独特な香りや味を楽しめる人に限られてしまいますけれど。

好きな食材を選んだら、調理してもらうシステムの屋台

好きな食材を選んだら、調理してもらうシステムの屋台

こちらも自分でトングと器を利用して、好きな食材を選んだら、調理してもらうシステムの屋台になります。

お惣菜屋さん

お惣菜屋さん

こちらはお惣菜屋さんです。鶏の大脚や煮込んだ内臓や野菜、豆腐などが威勢よく販売されていました。よく台湾の屋台って、食材を素手で触っているの?と気にする人がいるのですが、ほとんどがビニールに手を入れて食材に触れて、掴んだビニール袋で食材を包むお店が多いです。日本でよく利用されている手の形をした手袋のようなビニールを利用しているところはほとんどありませんが、一応衛生的です。私は全然気にしないのですが、気にする人によっては、ビニール袋であっても気にするのかもしれませんけれど。

景美夜市の道の真ん中で惣菜を売っている屋台

景美夜市の道の真ん中で惣菜を売っている屋台

景美夜市の道の真ん中で惣菜を売っている屋台

景美夜市の道の真ん中で惣菜を売っている屋台

景美夜市の道の真ん中で惣菜を売っている屋台です。こちらは台湾の夜市の屋台には珍しく、店頭に並ぶ全ての食材がビニールで覆われていました。エプロンの招き猫と、両腕のキャラクターがなんだか可愛らしいです(笑)

お惣菜風のお店

お惣菜風のお店

こちらもお惣菜風のお店。こういったお店に並んでいるのはほとんど地元の台湾人の方です。とっても美味しそうだったのですが、エビ?ザリガニ?なんだかもともと調理されているものがどんな生き物なのか、やや理解できない食材でした。

景美夜市といえば、豆花(ドウホワ)が有名

景美夜市といえば、豆花(ドウホワ)が有名

景美夜市といえば、豆花(ドウホワ)が有名です。豆花とは、大豆から採れた豆乳を豆腐のように凝固したもので、豆腐よりもプリンプリンした触感が特徴的なお料理です。見た目や触感的には、杏仁豆腐が近いかもしれません。熱々の豆花に、カキ氷と、様々な具材をのせて、混ぜながら食べる日本には無い独特のお料理です。

景美夜市といえば、豆花(ドウホワ)が有名

景美夜市といえば、豆花(ドウホワ)が有名

こちらも豆花のお店です。日本でひな祭りの時に食べるあられ煎餅のような食べ物と、銀杏のような豆?などがトッピングとしてありました。

海鮮系の主食がメインの屋台

海鮮系の主食がメインの屋台

海鮮系の主食がメインの屋台

海鮮系の主食がメインの屋台

主食がメインの屋台

主食がメインの屋台

こちらは炒飯などのお料理があるので、小吃というよりはもう少し主食に近いお料理を出すお店です。店頭には海鮮系の食材と野菜がメインで並んでいました。台湾の夜市の海鮮って、一見新鮮そうに見えるんですけれど、いつ頃採れた海鮮なのか、やや不安になる事があります。日本と違い生で食べることは無いので、火を通してしまえば、多少大丈夫なのかもしれませんけれど。

野菜豊富な鍋の屋台

野菜豊富な鍋の屋台

がっつり野菜豊富な鍋の屋台もありました。食べ物に不安があるけれど、お腹いっぱい食べたい時は、野菜料理を選べば、まず食あたり等の心配もありません。っとはいいつつ、台湾の夜市では、生臭い川魚なども食べてきましたけれど、特に食あたりするような事はなかったのであまり心配しすぎるのもよく無いかもしれません。

そしてこのあたりの屋台は、観光客が口にしてもあまり当たり外れが無いような無難な食材です。どこの夜市に訪れてもみかけるような食材になります。

大腸包小腸

大腸包小腸

まずは、大腸包小腸。ずばりジューシーなソーセージを様々な具材などで包んで食べる台湾式のホットドックのような食べ物になります。

Demon Chicken、魔王狂爆雞排

Demon Chicken、魔王狂爆雞排

Demon Chicken、魔王狂爆雞排のチェーン店が、景美夜市にもありました。いわゆる士林夜市でも有名な巨大なジャンボチキンから揚げです。量は多いですが、定番のジャンクフードといった食べ物です。

油で揚げた甘いスナック菓子

油で揚げた甘いスナック菓子

油で揚げた甘いスナック菓子です。揚げたてをサクサク美味しく食べることができます。

串に刺さったおでんのような食べ物

串に刺さったおでんのような食べ物

お惣菜風の串に刺さったおでんのような食べ物を購入することができる屋台です。串に刺さっている食材が普段食べなれているものが多いので、観光客でも安心して食べられます。

フレッシュなジュース

フレッシュなジュース

フレッシュなジュースです。500cc25元なので、約100円ほどでフレッシュな美味しいジュースを飲むことができます。暑い日や、歩き疲れた時などにおすすめの飲みものです。

景美夜市の檳榔

景美夜市の檳榔

こちらは台湾のいたるところで目にする台湾の合法ハーブとも言われる檳榔。景美夜市でもしっかりと販売されていました。

衣類販売店

オール100元(約400円)で販売されているズボン

オール100元(約400円)で販売されているズボン

景美夜市には飲食店の他に衣類などが販売されています。こちらはオール100元(約400円)で販売されていたズボンです。

女性用の下着売り場中古風

女性用の下着売り場中古風

こちらは女性用の下着売り場。なんだか生地がよたっていて、古着の下着?っというような感じでした。店員さんはいびきをかきながら気持ちよさそうに寝ていました。

女性用の下着売り場新品風

女性用の下着売り場新品風

台湾の夜市はどこも女性向けの下着を販売する店舗をよく見かけるのですが、こちらは、ちゃんと生地がよたっていない新品風の下着売り場の店舗です。かなりセクシーな下着も販売されていました。中古風の下着で十分なのでは…と思う白髪頭の女性もセクシーな?下着の買い物にきていました。

時計売り場

時計売り場

時計売り場

なぜか台湾の夜市には、時計もよく販売されています。景美夜市でも、沢山の時計が販売されていました。そして時計売り場の後ろに、なぜかヤクルトが販売されていました。

スマートフォンケース売り場

スマートフォンケース売り場

スマートフォンケース売り場

そして時計とならんで、台湾の夜市でよく販売されているのがスマートフォンのケース売り場です。景美夜市にも沢山のスマートフォンのケースが販売されていました。

ゲーム

昔ながらのスマートボール

昔ながらのスマートボール

最新型のUFOキャッチャー

最新型のUFOキャッチャー

台湾の夜市には、ゲームコーナーをよく見かけるのですが、ほとんどの場所が昔ながらのスマートボールや射的と、最新型のUFOキャッチャーがあります。景美夜市にも両方のゲームコーナーがあります。あえて日本人でやる人はあまりいないと思いますが、台湾の人にとっては、大切な娯楽の一つです。

お寺

景美夜市の中にあるお寺

景美夜市の中にあるお寺

台湾の街を散策していると、街角に突然色鮮やかな装飾をしたお寺が出てくることがありますが、景美夜市は台湾の中にある夜市には珍しく、夜市の敷地内にお寺があります。カメラを構えた瞬間、地元の子供たちが撮られたいのか、撮られたくないのかとても動きまわっていました。

景美夜市のご紹介は以上となります。景美夜市から他の夜市へ移動する場合は、台湾の若者が多い公館夜市が最寄の夜市になります。公館夜市の詳細については、以下のページで解説しています。

臺大公館夜市の雰囲気と特徴について



景美夜市の主な特徴

景美夜市は、観光地化されていないローカルな雰囲気が漂う夜市。懐かしいレトロでノスタルジックな雰囲気が感じられる夜市で、歩いているとどこか懐かしい気分に浸れます。屋台は小さな屋根がある場所が多いので、少しぐらいの雨であれば、濡れずに散策することができます。なめらかな触感で、とろけるようなやさしさが癖になる景美豆花がある夜市としても有名です。観光客の数も少なく、台湾の雰囲気を味わうのにはおすすめの夜市です。

  • レトロでノスタルジックな雰囲気が感じられる夜市。
  • 有名な景美豆花を食べることができる夜市。
  • 飲食店や物販店などかなりゴチャゴチャしている場所。
  • 台湾にある夜市の中では価格が安い。
  • 観光客の数が少ないローカルな夜市。

景美夜市の関連情報

景美夜市の関連情報を以下よりご確認いただけます。

台湾夜市と市場の特徴を確認する

台湾にある夜市と市場の特徴をまとめています。夜市は、主に18時から0時。市場は9時から20時ぐらいが営業時間の目安です。中には、雙城街夜市師大夜市のように、24時間営業の夜市もあります。また、朝ごはんを食べることができる早朝から営業している永楽市場のような夜市もあります。各夜市や、市場の営業時間や雰囲気、特徴の比較などもご紹介しています。

台北にある夜市の雰囲気・特徴

台北にある夜市の一覧です。実際に各夜市をめぐってその場の雰囲気や特徴が伝わる場面を撮影しながら、まとめています。

台北にある市場の雰囲気・特徴

台北にある市場の一覧です。実際に各市場をめぐってその場の雰囲気や特徴が伝わる場面を撮影しながら、まとめています。

日本語が通じる台北観光におすすめのホテル

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

日本語が通じて、宿泊者の99%が日本人という大名ビジネスホテル(大名商務会館)の19階にあるスイートルームに宿泊しました。実際に宿泊して確認してきたスイートルームや、アメニティ、シャワーの勢いなどについてレポートしています。

関連記事:大名ビジネスホテルのスイートルームを確認する

台湾観光で人気のオプショナルツアー

台湾観光をガイド付きで効率よく巡りたい場合は、オプショナルツアーに事前申込するのがおすすめです。台湾観光で特に人気が高いオプショナルツアーをご紹介いたします。