手荷物、預け荷物として飛行機に持ち込めるシャンプー、トリートメント、石鹸の制限について

台湾旅行にあると便利なシャンプー、トリートメント、石鹸

台湾のホテルのアメニティーグッズは、ハワイなどと異なり充実している場合が多いです。ただし場所によっては、シャンプーと石鹸は、宿泊先に備え付けられていてもトリートメントが備え付けられていない場合などもあったりすることがあります。また、身体を洗う石鹸はボディーソープでは無く、固形石鹸の場合もあります。自分自身にあったシャンプーやトリートメントを利用したい場合は、日本国内から台湾へ持ち込む必要があります。

飛行機内への化粧品の持ち込みの規定について

飛行機内に持ち込めるシャンプーやリンスなどといった液体物については、飛行機内に手荷物として持ち込む場合と、免税店などで購入した化粧品を預け荷物として飛行機内に持ち込む場合とで、規定がことなります。手荷物として飛行機内にシャンプーやリンスなどといった液体物を持ち込む場合と、預け荷物として飛行機内に化粧品を持ち込む際の規定については、以下の通りとなってきます。

手荷物としてシャンプーやリンスを飛行機内に持ち込む場合

国際線の飛行機内への化粧品の持ち込みには規定があります。化粧品というよりは、液体についての持ち込み規定があり、手荷物で液体を飛行機内に持ち込む場合は、100ml以下の容器に入れて、縦横40cm以内のジッパー付きプラスティック製ビニール袋に入れる必要があります。飛行機への持込については、リッタバックセットが販売されていますので、リッタバックセットに手荷物として飛行機内に持ち込むのが便利です。リッタバックセットの詳細については、以下のページで詳しく確認することができます。

関連記事:リッタバックセットの詳細を確認する

液体物を飛行機内に持ち込む際の注意事項

登場する航空会社によって、多少の規定の違いはありますが、シャンプーやリンスなど、液体物を飛行機内に持ち込む際の注意点としては以下のような内容があります。

  • 100ml(g)を超える容器に入ったあらゆる液体物は、機内持ち込みが禁止されている。
  • 機内持ち込みをする場合は、100ml(g)以下の容器に入れて、容量1リットル以下のジッパー付きの透明プラスチック製袋に入れる必要がある。
  • 一人につき1袋のみ機内持ち込みが可能。
  • 100ml(g)以下の容器であっても透明のプラスチック袋に入っていない場合、もしくは密封できない場合は機内への持込ができない。
  • 100ml(g)以下の容器や、透明プラスチック袋がない場合は、液体物を廃棄するか、受託手荷物として航空会社側に預ける必要がある。
  • ジェル状のもの(歯磨きやヘアジェルなど)や、スプレーなども液体物として取り扱われる。
  • 飛行機に搭乗する際、飛行機内への化粧品の持ち込みについては、保安検査場で他の手荷物とは別で提示する必要がある。

預け荷物としてシャンプーやリンスを飛行機内に持ち込む場合

免税店で購入した化粧品を飛行機内に持ち込む際には、非放射性のものという前提条件があるのとあわせて、以下のような規定があります。

  • 一容器あたり0.5kgまたは0.5リットル以下である必要がある。
  • 水漏れ等のないように十分に梱包した状態で持ち込む必要がある。
  • 一人あたり2kgまたは2リットルまで飛行機内に持ち込むことができる。

上記は参考例となります。搭乗する航空会社によって、規定の内容が異なる場合があるので、搭乗する航空会社に詳細については確認する必要があります。

ウェットティッシュは、液体物ではないので、自由に飛行機内に持ち込むことができます。夜市などにあると重宝するアイテムなので、台湾旅行にあると便利です。ウェットティッシュの詳細については、、以下のページで解説しています。

関連記事:台湾の夜市に欠かせないウェットティッシュ

台湾旅行での日常を過ごすのに必要な持ち物

台湾旅行での毎日の日々を過ごすのに必要な持ち物の一覧になります。

コンタクトレンズ

詳細を確認する

ヘアブラシ

詳細を確認する

ウェットティッシュ

詳細を確認する

ジップロック

詳細を確認する

筆記用具

詳細を確認する

台湾旅行に必要な持ち物一覧

必須の持ち物

詳細を確認する

飛行機内の持ち物

詳細を確認する

紫外線対策の持ち物

詳細を確認する

台湾ガイドな持ち物

詳細を確認する

あると便利な持ち物

詳細を確認する

撮影、連絡用持ち物

詳細を確認する

夜市観光用の持ち物

詳細を確認する

日本語が通じる台北観光におすすめのホテル

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

日本語が通じて、宿泊者の99%が日本人という大名ビジネスホテル(大名商務会館)の19階にあるスイートルームに宿泊しました。実際に宿泊して確認してきたスイートルームや、アメニティ、シャワーの勢いなどについてレポートしています。

関連記事:大名ビジネスホテルのスイートルームを確認する

台湾観光で人気のオプショナルツアー

台湾観光をガイド付きで効率よく巡りたい場合は、オプショナルツアーに事前申込するのがおすすめです。台湾観光で特に人気が高いオプショナルツアーをご紹介いたします。