台湾でレンタカーを借りる際に必要な運転免許証

台湾でレンタカーを借りる際に必要な運転免許書

台湾でレンタカーを借りて運転する場合、日本の普通自動車運転免許証とあわせて、中国語の翻訳文を所持、携帯していれば、レンタカーを運転することができます。ハワイなどの運転なんかでも、日本の運転免許証があれば、レンタカーを借りることができますが、万が一事故を起した際に、アメリカの警察に免許を提出する際には国際免許証が無いと、無免許運転に扱われて、罪が重たくなってしまうケースがありますが、台湾での運転の場合は、日本の国際免許証が認められていません。なので、台湾での旅行で車を運転する際には、国際免許証ではなく、日本の自動車運転免許証と、中国語に翻訳された運転免許書が必要となってきます。なお、運転免許証を中国語に翻訳する際には、交流協会台北事務所、もしくは一般社団法人日本自動車連盟(JAF)が作成したものである必要があり、自ら翻訳したものでは認められないので、注意が必要です。



目次

台湾で必要な運転免許書について

台湾でレンタカーを借りて自動車を運転する際には、日本の普通自動車免許証と、自動車免許書を中国語に翻訳した書類が必要となってきます。その際には、以下の注意点があります。

  • 日本から台湾に入境後、一年以内である必要がある。
  • 所持する免許書の中国語翻訳文については、交流協会台北事務所、高雄事務所(台湾での申請先)もしくは日本自動車連盟(JAF)が作成したものである必要がある。
  • 台湾入境後、日本で運転免許証を更新したり、住所地を変更したりして記載事項に変更があった場合には、再度中国語の翻訳文を取得し直す必要がある。

日本から台湾へ観光で訪れて、レンタカーを運転する際には、交流協会台北事務所、高雄事務所で運転免許書の翻訳をお願いするのは現実的では無いため、日本自動車連盟(JAF)への翻訳をお願いするのが一般的になってきます。なお、交流協会は、東京にも本部がありますが、東京本部では翻訳を行ってくれないので注意が必要です。

台湾での運転免許書中国語翻訳の申請方法

台湾で日本の運転免許証を中国語に翻訳する場合は、交流協会台北事務所を訪問し、手続きを行う必要があります。交流協会台北事務所、高雄事務所は、台湾の高雄市にある事務所で、日本と台湾の貿易、経済、技術交流等の諸関係を円滑に遂行することを目的に設けられている組織になります。

交流協会台北事務所の所在地

交流協会台北事務所の所在地は以下の通りとなります。

住所

高雄市苓雅區和平一路87號9階、10階南和和平大樓

連絡先

  • TEL:+886-7-771-4008(代表)
  • FAX:+886-7-771-2734
  • 営業曜日:月曜日~金曜日
  • 営業時間:午前9:00~12:00、午後1:30~5:30

地図

ストリートビュー

交流協会台北事務所での運転免許書翻訳依頼方法

交付日

即日

必要書類

交流協会台北事務所で、日本の自動車運転免許を中国語に翻訳依頼を行う際に必要となる書類は、以下の通りとなります。

  • 申請時点で有効な日本での運転免許証の原本
  • パスポート(台湾への最終入境年月日が確認できるもの。パスポート更新により二冊になる場合は両方のパスポートが必要)
  • 窓口にある申請書

代理人が申請する場合には、上記のほか、委任状が必要となります。

日本での運転免許書中国語翻訳の申請方法

日本で運転免許書の中国語翻訳を行う場合は、日本全国62箇所ある一般社団法人日本自動車連盟(JAF)の支部、もしくは本部の窓口で手続きを行う必要があります。中国語翻訳された運転免許書の発行には、「中国語翻訳文発行申請書が必要となってきます。」

関連記事:中国語翻訳文発行申請書について

中国語翻訳文発行申請書を記載したら、日本の運転免許証とあわせて最寄のJAFへ、中国語への翻訳を依頼します。日本全国62箇所あるJAF支部および本部の住所と電話番号の一覧については、以下のページで詳しく解説しています。

関連記事:一般社団法人日本自動車連盟(JAF)の本部、支部の連絡先一覧



料金について

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)で運転免許書を中国語に翻訳する際には、発行料金として3,394円。返送料として392円がかかってきます。

台湾で運転免許証を携帯する上での注意事項

日本から外国に旅行に行き、運転免許証を携帯する上で、訪れる国々によって携帯方法が異なってきますが、台湾において車を運転する際に、知っておいた方がよい注意事項を記載いたします。

台湾で車を運転する際に所持するのは日本語版?中国語版?

台湾で車を運転する際には、日本の運転免許証と中国語に翻訳された運転免許証の両方を所持する必要があります。どちらか片方しか所有せずに運転し、警察に捕まると、無免許運転扱いになってしまいますので注意が必要です。

車の運転にパスポートは必要?

パスポートは、自らを照明する大切な書類であると同時に、入境日を確認する大切な書類でもあります。万が一車で事故を起してしまい、病院に運ばれるような事があった場合、パスポートが大切な身分証明書となります。また、台湾の警察による検問などで、入境日を警察が確認してくるような場合もあります。パスポートは、海外で車を運転する際には、必須で所持しておく必要があります。また、台湾への入境日が古いパスポートに記載されているような場合は、最新のパスポートとあわせて古いパスポートも所有しておく必要があります。

台湾は国際自動車運転免許証が必要?

台湾は国際自動車運転免許証が必要?

台湾は国際自動車運転免許証が必要?

台湾で車を運転する際には、日本で発行された国際自動車運転免許証は必要ありません。ハワイなどでは、万が一事故を起してしまった際などは、国際免許証が意味を成しますが、台湾においては、国際自動車運転免許証を所持していたとしても、何も意味を成しません。台湾でレンタカーを借りて、車を運転する際には、交流協会台北事務所【台湾国内で申請を行う場合】もしくは、一般社団法人日本自動車連盟(JAF)【日本国内で申請を行う場合】のいずれかにおいて、日本の運転免許証を中国語に翻訳してもらった書類が必要となります。

台湾の運転免許証への切替について

台湾に長期滞在をする際、台湾の運転免許証への切替を行うことができます。台湾の運転免許証への切替は、期限が切れていない運転免許証であれば、無試験で台湾の運転免許証へ切替を行うことができます。その際、日本の運転免許証が没収されることはありません。

台湾で運転できる車種は?

日本の運転免許証と、中国語に翻訳された運転免許証を所持している人は、日本で運転が認められている車種と同等の車種を運転することができます。

台湾のパスポートへの切替が許される対象者

日本の運転免許証と、中国語に翻訳された運転免許証を所持している人で、台湾への一年以上の停留又は居留の許可を受けた人が対象となります。

台湾の運転免許証への切替申請期限について

日本の運転免許証と、中国語に翻訳された運転免許証を台湾の運転免許証へ切替申請ができる期限は、台湾に入境して一年内に申請する必要があります。

台湾で切り替えた運転免許証の有効期間について

台湾で切り替えた運転免許証の有効期間は、台湾での停留許可又は在留許可の満了日まで有効になります。停留許可又は在留許可の期間が延長となった場合は、運転免許センターに再度申請することによって、運転免許証の有効期間を延長することが可能です。

台湾の運転免許証を延長手続きできる場所

台湾の運転免許証の期限を延長手続きできる場所は、台湾各地の道路監理機関(運転免許センター)になります。台湾での運転免許センターの名称は、「監理處」、「監理站」、「監理所」と呼ばれる場所となります。

台湾の運転免許証を延長手続きする際には身体検査が必要

台湾の運転免許証の期限を延長手続きする際には、事前に医療機関で所定の身体検査を受け、車の運転に支障が無い健康状態であることを診断を受けた医師に証明してもらう必要があります。

台湾の運転免許証を延長手続きする際に必要な書類

台湾の運転免許証を延長手続きする際に必要な書類は以下の通りとなります。

  • 運転免許書の延長手続き申請書
  • 一年以上の停留もしくは、居留の許可を受けていることを証明する書面の原本とコピー
  • 日本の運転免許証の原本とコピー
  • 日本の運転免許証の中国語翻訳文
  • パスポートとコピー
  • 証明写真(3枚)
  • 200台湾元の手数料

台湾旅行でアクティビティを楽しむ際にあると便利な持ち物

台湾旅行でレジャーを楽しむ際に、身につけておくと便利な持ち物の一覧になります。

ガイドブック、アプリ

詳細を確認する

地図アプリ

詳細を確認する

運転免許書

詳細を確認する

台湾旅行に必要な持ち物一覧

必須の持ち物

詳細を確認する

飛行機内の持ち物

詳細を確認する

紫外線対策の持ち物

詳細を確認する

台湾ガイドな持ち物

詳細を確認する

あると便利な持ち物

詳細を確認する

撮影、連絡用持ち物

詳細を確認する

夜市観光用の持ち物

詳細を確認する

日本語が通じる台北観光におすすめのホテル

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

日本語が通じて、宿泊者の99%が日本人という大名ビジネスホテル(大名商務会館)の19階にあるスイートルームに宿泊しました。実際に宿泊して確認してきたスイートルームや、アメニティ、シャワーの勢いなどについてレポートしています。

関連記事:大名ビジネスホテルのスイートルームを確認する

台湾観光で人気のオプショナルツアー

台湾観光をガイド付きで効率よく巡りたい場合は、オプショナルツアーに事前申込するのがおすすめです。台湾観光で特に人気が高いオプショナルツアーをご紹介いたします。