台北の自転車(レンタサイクル)、YouBikeの借り方

台北のレンタサイクル(Youbike)

台北のレンタサイクル(Youbike)

台北を訪れた際の移動手段として、電車、バス、タクシーをメインに考えていて、いざ台北に行って街を散策している際に乗りたくなるのが、レンタサイクルです。台北に住む現地の人たちの主な移動手段といえば、車とバイクですが、現地の人たちもレンタサイクルに乗りながら移動している姿をみかけます。「台北の街ぐらいなら、歩いていろいろ散策できるだろう。」なんて思って歩いていると、足が痛くなり、行動範囲が狭まっていきます。台北現地を散策している時に、レンタサイクルのYouBikeに乗りたくなった場合のレンタル方法についてまとめてみたいと思います。



レンタサイクルの借り方

台湾の紫外線は強く、日差しが強い日に長時間歩いて散策するのが辛かったので自転車をレンタルすることにしました。

紫外線が強い台湾の日差し

紫外線が強い台湾の日差し

でも、台北に来る前に下調べをしていないと、現地で「レンタサイクルってどうやって借りるんだ?」っとなった後に、「現地の人たちがどうやって借りているんだろう?観察して真似をすれば借りられるのでは?」っと多くの方々がなるのではないかと思います。

台北現地の人たちがレンタサイクルを借りる動作を確認していると、YouBikeの前輪に取り付けられた装置に、悠遊カードをかざして自転車を借りていく姿をよくみかけます。

「なるほど。」っと思い悠遊カードを現地の人たちと同じように、YouBikeの前輪に取り付けられた以下の装置にかざしても、うんともすんとも自転車が装置から外れないため、自転車を借りることができません。

YouBikeの前輪に取り付けられた装置

YouBikeの前輪に取り付けられた装置

そこで現地の人に、ジェスチャーで「どうやったら自転車を借りられるのか?」を一生懸命伝えてみたところ、こちらの装置(Kiosk自動服務機)を案内されました。

Kiosk自動服務機

Kiosk自動服務機

こちらのKiosk自動服務機を調べてみたところ、悠遊カードを利用して自転車を借りる際には、事前に自転車利用の登録を済ませておく必要があり、事前登録が済んでいない場合は、Kiosk自動服務機にクレジットカード情報を登録することで、自転車を借りることができます。

Kiosk自動服務機の操作画面は、中国語と英語の2種類に分かれていて、英語を選択すると中国語が分からない人でも、なんとなく操作方法が把握できます。

そしてクレジット番号を登録する画面がこちらです。

Kiosk自動服務機のクレジットカード番号登録画面

Kiosk自動服務機のクレジットカード番号登録画面

街のど真ん中の屋外で、クレジットカード番号を登録するのは、なんだかとても不思議なのと不安な気持ちもあるのですが、どうしても借りたいので、画面の内容の通りクレジット番号を登録してみました。

画面上には消費金額として、「2000台湾ドル≒7000円」デポジットが取られる記載があります。デポジットなので、2000台湾ドルがクレジットカードから取られるのでは無く、自転車を紛失することなく、返却すれば2000台湾ドルは後から戻ってきます。

つまり、2000台湾ドルは、自転車盗難時の保険みたいなものです(自転車を返却することができない場合は、「2000台湾ドル≒7000円」を支払う必要があります)。

クレジットカード情報が問題無く登録できたら、借りたい自転車の番号をタッチパネル上でタップすれば、YouBikeの前輪に取り付けられた装置の鍵が解除されて、自転車をレンタルすることができます。

料金

そして気になるのが料金ですが以下のような設定になっています。

  • 4小時內,每30分鐘10元(4時間以内なら10元/30分)
  • 4~8小時,每30分鐘20元(4時間以上8時間以内なら20元/30分)
  • 8小時以上,每30分鐘40元(8時間以上なら40元/30分)

4時間もあれば、自転車での台北観光は十分できます。4時間(240分)借りた場合は、10元/30分×8=80元となってきます。1元3.7円とした場合、80元は296円なので、約300円で自転車を4時間レンタルできることになります。台湾観光をとにかく安く済ませたい場合は、レンタサイクルはかなりおすすめです。

YouBikeをレンタルして、いざ台北サイクリングに出発

YouBikeをレンタルして、いざ台北サイクリングに出発

料金も把握できたら、自転車を借りていざ台湾観光に出発です。台北の街を散策した様子は、以下のページで詳しくまとめています。

関連記事:台北の街並みを眺めながらの台北散策



台湾夜市と市場の特徴を確認する

台湾にある夜市と市場の特徴をまとめています。夜市は、主に18時から0時。市場は9時から20時ぐらいが営業時間の目安です。中には、雙城街夜市師大夜市のように、24時間営業の夜市もあります。また、朝ごはんを食べることができる早朝から営業している永楽市場のような夜市もあります。各夜市や、市場の営業時間や雰囲気、特徴の比較などもご紹介しています。

台北にある夜市の雰囲気・特徴

台北にある夜市の一覧です。実際に各夜市をめぐってその場の雰囲気や特徴が伝わる場面を撮影しながら、まとめています。

台北にある市場の雰囲気・特徴

台北にある市場の一覧です。実際に各市場をめぐってその場の雰囲気や特徴が伝わる場面を撮影しながら、まとめています。


日本語が通じる台北観光におすすめのホテル

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

日本語が通じて、宿泊者の99%が日本人という大名ビジネスホテル(大名商務会館)の19階にあるスイートルームに宿泊しました。実際に宿泊して確認してきたスイートルームや、アメニティ、シャワーの勢いなどについてレポートしています。

関連記事:大名ビジネスホテルのスイートルームを確認する

台湾観光で人気のオプショナルツアー

台湾観光をガイド付きで効率よく巡りたい場合は、オプショナルツアーに事前申込するのがおすすめです。台湾観光で特に人気が高いオプショナルツアーをご紹介いたします。