台北のバイク街に侵入してみた

台北でバイクショップが立ち並ぶ街に侵入してみた

台北でバイクショップが立ち並ぶ街に侵入してみた

台湾といえばバイクの街。えっ!?こんな場所をバイクが通過するの?というような細い場所や目の前をスレスレでバイクが通過していきます。夜市市場など人ごみで溢れるような場所でも平気でバイクが通過していきます。歩道だから大丈夫だろうと歩道を歩いていても、平気でバイクが走っています。台北の街中を歩いていると、ほとんどパトカーや白バイのような警察車両をみかけることがないので、もしかして交通ルールが存在しない無法地帯なのか?と思うぐらいスピードも出しまくりです。そんなバイクが多い台北の街で、バイク店が多く立ち並ぶ松山市場饒河街観光夜市周辺を歩いてみました。



バイク街の場所

台北でバイクが多く立ち並ぶ街は、松山市場饒河街観光夜市周辺です。地図とGoogleマップで見ると、以下の場所になります。

バイク街の様子

この周辺は右を見ても左を見てもバイクの店が軒を連ねています。

信号待ちのバイク

信号待ちのバイク

信号待ちのバイクの数が多いのと、信号待ちの際に歩道に足を掛けているのと、信号が赤、黄色、青。。以外に何があるんだ?という、日本では見かけることが無い一つ一つの光景に興味津々となってしまいます。それと、台北の信号機は数字のカウントダウンがあります。

この場所を訪れた時間は、夕方の17時だったので、饒河街観光夜市の準備へと向う屋台も沢山みかけました。

饒河街観光夜市へと向う屋台

饒河街観光夜市へと向う屋台

饒河街観光夜市の昼間の様子と夜の様子は、以下のページでまとめています。

饒河街観光夜市方面から、更に台北方面へと向っていくと、更にバイクのお店が軒を連ねています。

台北のバイク街

台北のバイク街

街中で、バイクのエンジンをふかしまくっているので、地面の上に排気ガスが立ち込めていました。

台北のバイク街

台北のバイク街

裏路地を見たら、台北では珍しく自転車で移動する現地の人がいました。

台北のバイク街で自転車を運転する人

台北のバイク街で自転車を運転する人

台北のバイクショップの中も撮影してみました。雑多な雰囲気が台北っぽくって好きです。

台北のバイクショップの中

台北のバイクショップの中

この場所から台北へ向うのには、かなり距離があったので、タクシーをつかまえようと、車通りが多い道路に出たら、日本では見かけることが無い車が走っていました。トラックの荷台に積まれた缶やビニール袋が地面スレスレで走ってました。

トラックの荷台に積まれた缶やビニール袋が地面スレスレ

トラックの荷台に積まれた缶やビニール袋が地面スレスレ

観光地を外れて台北の街を散策してみると、ちょっとしたところで、日本ではなかなか見かけないような景色に遭遇して、楽しめます。

林森北路の街並み

林森北路の街並み

更に台北を散策しながら撮影した台北の街並みを以下のページでまとめています。

関連記事:台北の街並みを眺めながらの台北散策



台湾夜市と市場の特徴を確認する

台湾にある夜市と市場の特徴をまとめています。夜市は、主に18時から0時。市場は9時から20時ぐらいが営業時間の目安です。中には、雙城街夜市師大夜市のように、24時間営業の夜市もあります。また、朝ごはんを食べることができる早朝から営業している永楽市場のような夜市もあります。各夜市や、市場の営業時間や雰囲気、特徴の比較などもご紹介しています。

台北にある夜市の雰囲気・特徴

台北にある夜市の一覧です。実際に各夜市をめぐってその場の雰囲気や特徴が伝わる場面を撮影しながら、まとめています。

台北にある市場の雰囲気・特徴

台北にある市場の一覧です。実際に各市場をめぐってその場の雰囲気や特徴が伝わる場面を撮影しながら、まとめています。


日本語が通じる台北観光におすすめのホテル

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

大名ビジネスホテル(大名商務会館)のデラックススイートルーム

日本語が通じて、宿泊者の99%が日本人という大名ビジネスホテル(大名商務会館)の19階にあるスイートルームに宿泊しました。実際に宿泊して確認してきたスイートルームや、アメニティ、シャワーの勢いなどについてレポートしています。

関連記事:大名ビジネスホテルのスイートルームを確認する

台湾観光で人気のオプショナルツアー

台湾観光をガイド付きで効率よく巡りたい場合は、オプショナルツアーに事前申込するのがおすすめです。台湾観光で特に人気が高いオプショナルツアーをご紹介いたします。